仕事をしながらの転職は本当に大変

私は新卒で入社した憧れの会社で約4年間働いていました。入社時はこのままずっとこの会社で働きたいと考えてはいたものの、お給料の低さや待遇の悪さに長く続けられる仕事ではないと思い、転職することを決めました。決めたのはいいものの、私は社内で結構なお局になっていたため、急に休むことができず、せっかく呼んでいただいた採用面接に行かないようなことも多々ありました。後輩の中には、病欠と嘘をついて採用試験に向かってた人もいましたが、私はお世話になった思い入れのある会社の仲間に嘘をついて迷惑をかけてまで受けに行くことができず、このままでは一生転職できない、それでもいいかもしれないと思うようになりました。アドバイスをくれたのは当時付き合っていた彼、今の主人です。私の好きなようにしていいけれど、転職活動できない会社と決めつけているのは自分自身、他のスタッフは上手くやっているのだから、もし本当に転職したいなら長期休暇等もらってとことんチャレンジするべきだと背中を押してくれました。私は彼の言葉に後押しされ、長い休みの間に希望の転職先の採用試験を受けに行くことができ、見事転職することに成功しました。長く働けば働くほど私のような状況に至り、転職活動をしづらいかと思いますが、転職をすると決め実行するのも、その会社にいるのも自分次第だと思いました。私は今でも前職の会社と仲間が好きですが、給料も待遇も比べ物にならない位良い現職にとても満足しているので、あの時決断して本当によかったと心から思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ